病気の経験談 > 逆流性食道炎

逆流性食道炎の原因を考える

逆流性食道炎とは

普通に生活している時よりも食事の後などに、胸やけがする、ゲップがよく出る、胸の表裏の痛みなどがあると、逆流性食道炎の疑いがあります。

食道炎の一種で、消火液の胃液や十二指腸液、胆汁、膵液などが食道まで逆流することにより、食道の粘膜を侵すことにより「逆流性食道炎」になります。

胃食道逆流症とも云われます。ただ、「逆流性食道炎」が一般的に使われます。

原因

暴飲暴食

暴飲暴食の場合は、一時的な急性のものがほとんどです。
逆流性食道炎のような症状が出た場合は、治療方法としての食事療法などを早期に始める必要があります。

食道裂肛ヘルニア

胃の一部が横隔膜より上の胸腔(きょうくう)にはみ出すことが「逆流性食道炎の原因」です。
胃が上部へはみ出すと、食道への侵入を防いでいる弁の筋肉の働きが低下します。すると、胃の内容物が食道へと入りこむわけです。

肥満や妊婦

肥満や妊婦は、お腹周りにお肉が付くので、腹圧があがります。その事により胃が上へと押し上げられ、胃の内容物が食道へ上がりやすくなります。
妊婦さんは、お産が済むまではどうしようもありませんが、肥満は少しでも改善する事をお勧めします。
また、猫背などでも同じような原因となります。

中年以降

胃の内容物が食道へ入り込まないために、弁があります。
しかし、中年以降になると弁の働きが弱くなるので、「逆流性食道炎」になりやすい体質だといえます。

雑学

口が臭くなる

逆流性食道炎を患うと、「ゲップ」を誘発します。また、胃酸が逆流することにより、この病気になります。
ゲップや胃酸は、少なからず胃の内容物を口腔に押し戻すことになります。それらが、口臭の原因物質となる可能性は否定できません。
その都度、歯磨きをして口腔内を綺麗にすればいいのですが、そんなに何回も何回も歯磨きをする事は現実的に出来ません。対策としては、口の中を水でゆすぐだけでも違いはあります。

医学上の分類は?

食道炎の一種です。
食道炎とは、食道の炎症の事です。炎症の原因が胃酸の逆流による起こるので、「逆流性食道炎」と呼ばれています。

病院での診療科目は何科に行けばいいのか?

診療科目は、内科です。内科を受診して、他の科目に原因がある場合は、お医者さんから指示があると思います。

食道炎の種類

逆流性食道炎

胃酸などが食道に逆流することにより起こります

感染性食道炎

細菌類によって起こる食道炎です。

腐食性食道炎

酸やアルカリなどの液体を誤って飲んだときに起こります。お酢などを飲んでも酸性が強くないので起こり得ません。

薬剤性食道炎

抗生物質、消炎鎮痛剤などの錠剤やカプセルが食道に引っかかって起こります。
薬を飲む時は、水などで十分に流すように心がけてください。

放射線性食道炎

放射線治療を受けた後、二週間ほどでおこる急性型と二カ月ほど後に起こる慢性型があります。

経験談

唐揚げでムカムカ

ある日、夕食に出された唐揚げを見て、胃が「ムカムカ」しているのに気づいた。一言でいえば、見ているだけで気持ちが悪い。実際に食べてみても、美味しくない。から揚げは好物なのに美味しくない。そして、一つ二つと食ってみると、三つ目辺りで胃の調子がおかしくなった。から揚げが喉を通らないのだ。これは、明らかに異常だ。

胃の不調は今までにもあったが、今回のは今までよりも重たそうだ。とりあえず、次の日は、ご飯の量を減らし、夕食はほとんど食べずにいると、ある程度ましになった。

それから数日後に、飲み会が重なった。特に日本酒が好きな方で、強くは無いが誘われれば出かけるし、お店の終わり時間まで飲み続ける。

黒色?

そんな日が数日続いた朝、便の色が明らかに黒色だった。前日に食べた「宮崎地頭鶏のもも焼き」の炭が出てきたのか?と思ったが、次の日も黒い便だった。その次の日も。こんなに続いたのは記憶にない。その日から晩酌の量を減らすと、便の色も普段の色へと改善。

から揚げが食べられなくなるし、便の色が黒色、おまけに胃の調子は「なんだかな~~~」状態。万全の状態を10とすると、今の状態は3ぐらいだ。これは、何か原因があるに違いない。

胃カメラ検査

原因を探らないといけない。そこで、胃カメラ検査を受けることに。今まで二度、口からと鼻からを受けた事がある。そのどちらも、喉が「オエオエ」なるから嫌だったけど、先生の話では「今の胃カメラは麻酔を注射してから検査を受けるから、寝ている間に終わってるよ」との事。ありがたいお言葉だ。医療の進歩にバンザイ。

前日の準備

検査の前日は、夜の9時から絶食。水ぐらいはいいが、お茶などはダメ。検査の前に、胃の泡を取るための「液体」を飲む。その後に、喉を麻痺させるために、ジェルを喉に含ませ、スプレーを「シュシュ」と吹きかける。検査台に乗せられて、点滴で麻酔薬を送られたなと思ったら、夢の中へ。起きたら、病院のベッドの上だった。簡単ですね。これだと「オエオエ」なることは無いからちょ~楽ですよ。

結果

検査結果は、特に異常はなしとの事。ポリープや異常個所は見当たらず。ただ、胃酸が逆流しているので「逆流性食道炎」との診断だった。

いつも飲んでいる「パリエット」で治していきましょう。で終了。検査結果は、なんてことないし、拍子抜けしましたが、なにごともなくて良かったです。

原因は、わかりきったことで、「暴飲暴食」。から揚げムカムカの前には、外食が多く、食べる量も多かった。便の色が黒くなった時は、あきらかに飲み過ぎ。暴飲暴食が原因です。食べないと体に悪いけど、食べすぎは飲み過ぎは、もっと体に悪いです。気を付けないとね。

初期症状

胸やけ、胸の痛み

胸のあたりが締め付けられるような痛みがあります。刺すような痛みではなく、響くような痛み。鈍痛とも云われます。

また、食道内に酸性の胃液が逆流するわけですから、焼けるような灼熱のような痛みも伴います。
胸やけは、食後や夜間、明け方に発生する事が多いです。

吐き気

食道や胃の不快感により吐き気が生じます。喉の違和感なども吐き気の原因です。

口の中の不快感、ねばねば感

ゲップが多くなります。ゲップにより老廃物が口の中まで上がってきます。それらが溜まることによって、口の中はねばねば感があり、不快感の原因です。

口臭

胃酸が胃から食道、口まであがってきますので、周辺部が荒れます。荒れることにより、口臭がひどくなります。いくら歯磨きで口腔をきれいにしても、下から次々に口臭の原因があがってくるので、意味がありません。元から断たないとシャットダウンはできません。

のどの違和感、異物感

その症状は、喉にできた「肉芽」が原因かもしれません。のどの違和感、不調、なんだかすっきりしない、喉ににっかかるなど。普通とはちょっと違うなと思ったら、耳鼻科で診察を。

悪化症状

おう吐

吐き気から実際におう吐にまで進行すると、かなり危険です。

吐血

ほとんど見られませんが、ごくごくまれに「逆流性食道炎」の末期症状として「吐血」が見られます。ただし、それまでに他の症状の進行具合で病院にかかっていると思われますので、ココまで進行するとかなり危険です。

背中の痛み

胸骨の裏側に痛みが走ります。傷みが出ているなら症状はかなり悪化しているといえます。早めに病院を受診するように。

胸骨とは、胸の真ん中あたりの肋骨を支えている骨です。その裏側に食道と胃の入り口があります。

治療方法

投薬治療

ほとんどの方の治療方法は、投薬療法です。これが一番早く治ります。ただ、薬に頼ると、二度三度と再発する可能性が高いです。

食事治療

初期症状がみられる場合は、食事に気を付けていると自然と治ります。ただし、時間はかかります。薬と併用しながら食事に気を付けるのが一番いい治療方法です。そして、食事は治療が終わってからも続けることに意味があります。

市販薬

ガスター

いわゆる「H2ブロッカー系」です。胃酸分泌を抑えてくれる市販薬です。逆流性食道炎の市販薬としては一番適しています。

ガスター系は、製薬各社から発売されていますが、一番有名なのが「ガスター10」でしょうね。一頃は良く宣伝してました。

副作用もあります。薬を飲んでおかしいなと思ったら直ちに病院へ行きましょう。また、肝障害、高齢者、腎障害、などの方は、服用は控えたほうがよさそうです。

漢方

半夏厚朴湯

「はんげこうぼくとう」と読みます。喉の炎症、気管支の炎症、胃部の不快感、神経症、などに有効のようです。

漢方ですが、やはり副作用などはあるようです。飲んだ後に違和感があれば、病院へ行きましょう。

つぼ療法

手のつぼ

親指と人差し指の間から下に降りたあたりの、筋肉が「プクッ」とした場所に、効果的なつぼがあります。
ココは、声帯・喉・気管などのつぼです。

足のつぼ

手のつぼと同じ場所が足にもあります。手よりも足のほうが効果的です。

治療の仕方

治療の仕方は、つぼのある部分の指圧です。指圧は、強いほど効果的ですが、あまりにも痛ければ少し加減するといいでしょう。そして、一日だけではなく毎日続ける事。
つぼを押したら、手の場合は肘のあたりまで、足の場合は膝のあたりまで、マッサージで揉みあがると更に効果的です。
更に、終わりに白湯を飲むともっと効果的です。

白湯の効果

白湯は、非常に簡単で効果のある飲み物です。作り方は、水を沸騰させ、沸騰状態で約10分ほど火にかけたもの。
作りたては高温なので気を付けるように。ちびちび飲むこと。一回当たりの量は、200ccほどです。

白湯は、新陳代謝を高め、胃腸の活動を活発にします。また、老廃物を流し、胃腸を綺麗に保ちます。朝一番の寝起きに飲むと頭がすっきりして一日の活力が湧いてきます。

早めの治療が大事

胃酸が多く出過ぎて、食道や口にまで上がってくるのが原因で起こる不快感が主な症状。症状が現れるだけなら、我慢すればいいのですが、それによって引き起こされる新たな病気の幕開けになりかねないのがやっかいなところ。なので、早期発見、早期治療を心がけたい。

喉の炎症

胃酸によって喉が炎症を起こします。それによって新たに引き起こされるのが、肉芽というできもの。これが出来ることによって、声を出しにくい、喉が切れたようにピリピリとする。イガイガする。不快感がかなりあります。生活の質がかなり落ちます。

やっかいなのが、再発をしやすいというところ。これは、逆流性食道炎にも通じるものがあります。

食事

刺激物を避ける

刺激物は避けましょう。刺激物は、食道などを痛めつけるだけで何の得もありません。せめて、逆流性食道炎が改善するまでは我慢しましょう。

コーヒー

朝の一杯、食後の一杯とコーヒーを飲む方なら当然と言えば当然。ですが、コーヒーはかなりの刺激物です。コーヒー豆にもよりますが、酸性度が高いものもあります。当然、避けるべきです。

香辛料

香辛料は刺激物の代表格と言っても過言ではありません。香辛料を使った料理で一番に思い浮かべられるのが「カレー」ではないでしょうか。是非、避けてください。

スパイスは身体にいいのですが、弱っている身体には大敵です。ただし、黒コショウは胃をすっきりとしてくれる成分が入っています。

うどんなどにかける「一味唐辛子」も厳禁です。ニンニクを使った料理も控えましょう。特に生のにんにくは刺激が強すぎます。黒にんにくなら問題ないです。

酸味

酸味のあるものも避けたほうがいいでしょう。

酸味といえば酢の物。夏などはさっぱりとした酢の物が食べたくなります。酢の物には疲れを飛ばすなど体にいい面もありますので、絶対に食べないというのではなく、少量を食べるようにしましょう。

消化のいいものを食事に取り入れる

消化のいいものを食事の中に取り入れましょう。逆にいえば消化の悪いものは除外します。

消化の悪いものと言えば、繊維質の多い食べ物です。豆類は比較的に繊維質が多いです。ゴボウなどは有名ですが、豆類、小豆やエンドウ豆、インゲン豆などのほうが多い。

ただ、繊維質についてはあまり気にしなくてもよさそうですが、海藻類、わかめなどは繊維質が多すぎるので避けたほうがいいでしょう。

油分を取り除く。油は消化の悪いものの代表です。ヘルシー○○とかありますが、摂取しないに越したことはありません。

特に天ぷらなど揚げ物は食べないようにしましょう。また、成分として脂分が多い食事も避けます。サラミやソーセージ、ステーキなどはご法度です。

献立例

大根おろし

一般的に大根おろしは、「消火にいい」「炭水化物を消化するジアスターゼが」などと言われていますが、胃が弱っているときには、食べないほうがいい

おかゆ

これが一番無難です。しかも、薄味。間違っても梅干しやわかめのつくだ煮などと一緒に食べないようにしましょう。栄養面から考えて、玉子を落とすのはいいでしょうね。

うどん

うどんには「コシ」が大事ですが、逆流性食道炎の時は遠慮しましょう。柔らかく煮込んだ昔ながらのうどんにしましょう。

具は、玉子のみ。味付けはカツオ出汁の薄味。間違っても一味唐辛子など入れないように。わかめなど海藻類は、食物繊維が多いので消火に時間がかかって胃に負担になります。食べるなら少量で。とろろ昆布だったら繊維がほぐれているのでいいですね。

ささみの蒸し鶏

肉類では、鶏のささみがベストです。味は淡白ですが、栄養価も高く、消化もよく、ダイエットなどでも重宝される食材です。

鶏ささみは、蒸し鶏にしましょう。蒸し料理は油を使わないし栄養価も他の調理法より残りやすいのでとても優れています。鶏のささみの他、人参も薄くスライスして蒸しましょう。ゴマだれをかけてさっぱりサラダの出来上がりです。

蒸し野菜

野菜も積極的に取りたいですが、生はダメです。消化に時間がかかり、胃には大敵です。

蒸し料理は、普段はあまり自宅で食べないでしょうが、蒸し器に皿ごと入れるだけの簡単調理です。蒸し器が無ければ、蓋つきのフライパンでも作ることが出来ます。かなりお手軽です。切って皿に入れるだけ。

豆腐

豆腐もお勧めです。手軽に取り入れる事が出来るのがいいですね。

ただし、薬味類は外しましょう。鰹節ぐらいでお願いします。湯豆腐だともっとベストですね。

食事で気を付ける事

食べ過ぎない

食べ過ぎないというよりも、いつもよりも量を大幅に減らす。食事の量が多いと、胃は消化しようとして大量の胃酸を発生させます。当然、それにより胃はダメージを受けますので、症状が悪化します。

それを防ぐには、食事の量を減らす。8分目、7分目、6分目。

良く噛んで食べる

良く噛んで食べると、消化されやすくなるので胃に優しい食事になります。一口三十回が理想です。もっと多くてもいいですよ。

食事の量を減らしても、良く噛んで食べると満腹感を得る事ができます。一石二鳥ですね。

時間をかけて食事をしましょう

食事に時間を掛けることにより、ゆっくり食べる事ができます。すると、良く噛んで食べるようになるし、そのために食事の量を減らす事もできます。

夜の遅い時間の食事

夜間は食べ物の消化に時間がかかります。消化する態勢になっていない時間帯が夜の遅い時間。この時間帯に夜ごはんを食べると消化に時間がかかり、胃への負担が増え、それとともに胃酸の分泌が増えてしまいます。

夜の遅い時間の食事は避けるようにしましょう。どうしても、食べないといけない場合は、食べる前に胃への負担を減らす漢方薬や薬を飲んでから食事をとります。そしてよく噛んで食べて、消化のいいものを摂りたいですね。

病気の経験談 > 逆流性食道炎