病気の経験談 > 肺気胸

肺気胸(自然気胸)について

肺気胸とは?

肺気胸とは、なんらかの原因で胸の膜に穴があき、肺が縮んでしまった状態の事をいいます。

もう少し詳しく説明すると、肺を覆う肺胸膜(内側の胸膜)と壁側胸膜(外側の胸膜)の間には胸膜腔があります。この胸膜腔の圧力作用により肺は膨らむことができるわけです。その圧力作用が働くなくなること、胸膜に穴が開いた状態になることにより肺気胸となります。

肺気胸のなかでも多いのが、胸にできたのう胞(空気の袋)が破裂して胸膜に穴が開く特発性の気胸です。

肺気胸は痩せ型の青年男子に多い病気ですが、のう胞ができやすいからのようです。ただ、なぜのう胞が出来やすいのか原因は分かっていません。

特殊な気胸に緊張性気胸があります。空気が一方的に胸膜腔に入り込み圧力を高め、肺を押しつぶし肺が著しく縮みます。これは、命にかかわりますので、早期診断、早期治療が望まれます。

自然気胸とは

一般的には肺気胸と呼ばれます。肺の病気だからです。しかし、正式名称ではなく、「自然気胸」が病名です。または、「気胸」と呼ばれます。

症状

肺気胸の症状は、突然の胸の痛み、突然の息切れです。これらはなんの前触れもなく訪れますので、肺気胸は自然気胸などと呼ばれます。また、気胸とだけ呼ばれます。

症状には大小がありますが、軽度の場合は軽い痛みでまったく問題ないですが、重度の痛みの場合は少し歩くだけでも息切れを起こしますし、安静にしていても息切れがある場合も。

予防

肺気胸に予防法はありません。

診断

胸の痛みと息切れの症状が出て、痩せ型の場合は、ほぼ肺気胸とみて間違いありません。手指で胸をたたく打診をすると鼓音がポンポンしたり、聴診器を当てても呼吸音が小さかったり、聞き取りにくかったら肺気胸と診断されます。

もっとも確実なのは、胸部X線写真です。肺の縮み具合で肺気胸と診断出来ます。緊張性気胸では、血圧が低下し脈が速くなり、チアノーゼが出てきます。迅速に処置しないと命にかかわります。

治療

軽度

肺気胸でも軽度の場合は、自然治癒を図ります。胸膜に開いた穴が小さいと空気の漏れも少なく、一週間ぐらいで自然に胸膜が修復される可能性があります。

中度

中度以上では、胸膜腔から空気を抜いてやる処置をとります。体の側面に小さな穴を開け、そこから胸膜腔へチューブを差し込んで空気を抜いてやります。空気を抜くと肺が膨らみ、息切れが治まります。この処置で経過観察し、治りが悪ければ手術となります。

重度

重度の肺気胸では手術が必要です。手術では肺の破れたところを修復する作業が行われます。従来は開胸手術を行っていましたが、現在では胸腔鏡という内視鏡を用いた手術が主流となっています。メリットとして、入院期間の短縮、疼痛(とうつう)が少ない、など。

マメ知識

肺気胸の再発

肺気胸に再発はつきもの。当サイトの管理人は、三度も肺気胸にお世話になりました。すべて学生時代でしたが、夏休みに入った初日。そのまま入院となりチューブを指して二週間の入院期間を要しました。

二度目は一年後でしたが、その時は自然治癒で治りました。肺気胸になった瞬間は、「例のやつか?」と即座に分かりましたね。

それから更に一年後になりましたが、その時も自然治癒で治りました。

あれから十数年が経ちますが、再発はしてませんね。肺気胸になりやすい、青年男子じゃなくなったからでしょうか?

肺気胸の死亡率

肺気胸の死亡率に関する統計的なデータは見つかりません。ただ、死亡するケースはまれのようですので、死亡率は1%にも満たないのでしょうか?そうはいっても再発する可能性の高い肺気胸、用心するに越したことはありません。

肺気胸のお見舞い

肺気胸で入院した友人や知人などへのお見舞いに関して。入院はしてますが、至って普通の生活を送れます。ただ、手術の後は、少し遠慮したほうがいいかも?

することもなくボケっとするのが入院生活ですので、暇つぶしにでも付き合ってあげると非常に喜ばれます。

お見舞いの品ですが、特に避けたほうがいいものはなく、食べ物でも飲み物でもなんでもいいと思います。ただ、お見舞いの品で果物を貰うことがありますが、あれは迷惑ですね。
自分では自発的に食べることができないので、誰かにあげるか?処分しなければいけませんから。

芸能人の自然気胸

嵐の相葉雅紀さん、ナインティナインの矢部浩之さんなどが自然気胸で入院したことがあります。

手術

手術は、右下腹部の切開を行います。最近では、術後の事を考えて、切開幅が小さくて済む腹腔鏡手術(内視鏡手術)を行うようになっています。腹腔鏡手術(内視鏡手術)を行うと、入院期間も少なくて済み、約一週間ほどで退院できるようです。小さな穴をあけるだけで済みますので手術跡が目立ちにくい事も利点です。

実際の手術

手術というと大げさに聞こえますが、かなり単純で簡単な手術でした。

先生が病室に来ました。「今から手術をします。」「えっ???ココで?」今まで何度か手術をしましたが、病室のベッドの上での手術はこれが初めてです。

手術個所に局所麻酔。麻酔が効いてきたら、先生が大きなハサミを取り出しました。「園芸用???」みたいな、ホームセンターにでも売ってるようなハサミです。そのハサミで「ブチッ」と切りました。その切った個所に肺を膨らます機器から出たホースを挿入。皮膚とホースをテープで止めました。これで肺気胸の手術は終了です。

手術時間は、30分ほど。局所麻酔だから、一部始終じゃなくてすべてを観察。自分の肉体がハサミで切られる瞬間を目撃。いい経験になりました。

手術後の過ごし方

安静が一番です。身体に無理をせず。身体というよりも肺に負担をかけずに。静かに過ごしましょう。

入院期間

軽度の症状なら自然に治るのを待ちます。症状が重ければ手術をして、入院する必要があります。大きく身体を切るわけではないのですが、器具を身体に取り付けるので入院する必要があります。

比較的軽度だったときに入院しましたが、その時で二週間ほどでした。回復の速度によって変わってきます。また、重度の場合で、肺がほとんど潰れている場合は、長期間の入院が必要になってきます。その場合は、一か月や二ケ月ほどを目安にしておけば十分です。

初めての経験談

違和感

あれは学生時代の事。
「さぁ~~~夏休みだ、遊ぶぞ~~~」と、玄関に行き靴を履こうとしたその時、明らかな違和感を感じました。「ん???何かがおかしいぞ。なんだか息苦しいし、しんどいな。それに少し痛いような」

玄関にうずくまっていると、両親が駆け寄ってきました。「どうしたの???」と、「なんかおかしいのよね」少ししたら落ち着くかなと思ったが、一向に落ち着く気配がない。これはマズイと両親が思ったらしく、近所の人を呼んでくれて、病院へ運んでくれました。

病院にて

病院で少しの問診の後、検査開始。すぐに結果が出ました。「これは肺気胸ですね」「え???肺気胸って?」「肺に穴が空いて空気が漏れだすので、息苦しかったり、するのですよ。レントゲンを撮ってみると一目でわかります。」

先生の話は続きまして・・・「自然に治るかもしれませんが、経過観察のために入院しましょうか?」「入院ですか?」ということで、人生初の入院となりました。

入院したものの暇で暇で。本当に暇で。肺が萎んだとはいえ、慣れれば全く問題ないわけで、運動さえしなければ普通の生活を送れるわけです。

体力の有り余っている学生ですから、暇で暇で。何を思ったのか筋トレなんか始めまして「病気になったのも筋肉が足りなかったからだ」とでも思ったのでしょうか?「入院生活で筋肉が落ちてしまう」とでも思ったのでしょうか?二日酔いには向かい酒だみたいな感覚でしょうか?腕立てなどをやってました。その腕立ての効果でしょうか?肺気胸は一向に治らず。

初めての手術

ある日、先生から「手術というわけではないですが、肺の外に出た空気を体外に出すための器具を取り付けましょう。」「器具を取り付けるってことは手術ですよね???」「まぁ、簡単な・・・ね」

ということで、簡単な?手術をすることになりました。左の肺が萎んでしまったので、肋骨のあたりに部分麻酔をして、巨大なハサミで穴を開け、そこにチューブを差し込みました。

手術の傷自体は小さく穴をあけただけなのでほとんど目立ちません。器具を取り付けてからも暇には変わりなく、だけど器具があるおかげでどこに行くにも不便で。トイレに行くにも器具と一緒だし、もちろん寝る時も。難儀しました。

ただ、ありがたかったのは、ご飯は普通に食べることが出来たこと。食事制限が無かったのでなんでも食べれます。差し入れでいただいたケーキも、もちろん食えるのはありがたい。まぁ、暇には変わりなかったけど。

器具を取り付けてから約10日ほどで無事退院出来ました。

二度目の肺気胸経験談

アルバイトに行こうと

二度目も学生の頃。さぁ~~~張り切ってアルバイトに行くぞ。と思った瞬間の出来事でした。またまた異様な違和感が体を襲いました。

でも、一度経験したことのある違和感です。「これは、肺気胸かな?」夜だった事もあり、特に危なそうでもなかったので次の日になってから病院へ。

病院にて

検査してみるとあんのじょう「肺気胸ですね」との診断が。「肺はそんなに萎んでないので安静にして様子をみましょうか?」と。「運動をしなければ普通どおりの生活をしていただいて問題ないですよ」とも言っていただきました。

学生だったので、普通に登校し、授業を受けて、スポーツだけはしませんでしたが、普段通りの生活を送っていると、まったく違和感が無くなりました。

再度、病院で診てもらうと、「もう大丈夫ですね。治ってますよ」とのお言葉を。軽症の肺気胸だと普段通りの生活で、スポーツなど運動をしなければ自然に治ります。あせらず気持ちを落ち着かせて行動しましょう。

三度の肺気胸経験者が語る

三度目の肺気胸になりました。ですが、正直、記憶が飛んでおります。二度あることは三度ある。

三度目ともなれば慣れたもので、なんてことはない、日常の一コマのようなものだったのでしょう。

四度目は?

今のところはありません。その傾向もありません。というか予想すらできませんから。なってからのお楽しみ。

学生のころよりも激しいスポーツや忙しい日々、体を必要以上に酷使する時も多くありますが、今のところは大丈夫のようです。

いつなってもおかしくない病気ではありますが、三度の経験があります。いつ襲ってきても落ち着いて行動できると思います。なってほしくないですけどね。

手術痕

遠目写真

肺気胸の手術跡の写真遠目

接近写真

肺気胸の手術跡の写真近接

遠目で見るとほとんどわかりません。近くまで寄ってから確認すると手術あとを見ることができます。切開の範囲もせまいので、治りが早いと跡が目立たなくなるように思いますが、ホースを入れる期間が長いと手術あとが残るようです。

病気の経験談 > 肺気胸