病気の経験談 > 良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症

目次

こんな病気

こんな状態に

普段の生活には何の影響も及ぼしません。ただ、頭の位置を「ある一定の方向に向ける」と症状が出てきます。その方向が分かれば、出来るだけ避けるように生活する必要があります。

こんな時に症状が出やすい

  • 頭を動かすと
  • 頭をある一定の方向へ動かすと
  • あおむけから寝返りを打つと
  • 座った姿勢から横になると

行動はゆっくりと

向けざるを得ない場合は、出来るだけ慎重にゆっくりと動かすようにしましょう。そうすると、ある程度は、症状を軽減させることができます。

周囲には気づかれることはありません。ですが、非常につらい病気です。目まいが起こると気分が悪く、吐き気をもよおし、生活の質が落ちます。ただ、めまいがおさまると普通の生活を送ることが出来ます。

原因

耳石って

内耳の中にある耳石器や三半規管が障害されるためという説。内耳の中にある耳石が移動するためという説、があります。近年では、耳石が本来ある位置から移動するために三半規管を刺激し平衡感覚を無くさせ、めまいが生じると考えられています。

どんなときに起こりやすいのか?

頭を強く打った後。長期間ベッドで寝ていた後。中耳炎などの耳の病気の後、などに起こることが多いようです。内耳になんらかの障害があるために起こるのではないかと考えられています。

上記の原因は、一般的に言われていることです。経験的には、いつの間にか発症していることがおおかったです。確かに、これが原因だということがなかったわけではありません。しかし、ほとんどはいつの間にか、知らない間に、気づいたら、めまいがしていました。

免疫が弱っているとき

今までの経験上、なんらかの原因で免疫が弱っているときに症状が出ていたように思います。病気の後に二回あったことから考えても説明がつくと思います。

診断方法

眼球の動きをみて診断します。

めまいが起こる状態を作り、眼球がぐるぐる動いているかどうかで診断します。これを自分で確認するのはかなり難しいので、近くにいる人に眼球の動きを見てもらうと診断しやすいです。

なりやすい方

女性

圧倒的に女性がおおいです。特に、高齢女性に多い病気です。

三半規管が弱い

管理人は、明らかにこの部類に入ります。三半規管が弱く、乗り物酔いが酷いです。フェリーに乗ると、外海では確実に酔います。波が高いと、吐き気がします。他の乗客は平気でも、私だけダメな時もありました。

治療法

時間の経過とともに治癒する

病名に「良性」とついているように、深刻な病気ではありません。
原因の個所で述べたとおり、内耳の耳石が本来の場所に戻るのを待つという治療法になります。
症状が深刻でなければ、時間の経過とともにいつのまにか治る病気です。

深刻な症状が現れたら

吐き気止め、抗めまい薬、循環改善薬、ビタミン剤などを注射か内服で処方してもらいます。

治療

治療法ではありませんが、安静を保つより、積極的に動いてなれることも大切です。
耳石を取り除く体操などを取り入れている病院もあります。ただ、自己流でそれら治療をするのは避けるべきです。
症状が深刻な場合は、「良性発作性頭位めまい症」の治療法を取り入れている医療機関を受診しましょう。

体操

テレビで紹介されていた「耳石を動かす体操」を紹介したいと思います。

仰向けに寝転がります。上を見上げて「10秒」を数えます。顔だけ右に傾け「10秒」を数えます。身体ごと右へ傾け、「10秒」数えます。仰向けに戻って、また「10秒」数えます。今度は、左に顔だけ傾けて「10秒」を数えます。身体ごと左へ倒して「10秒を数えます。最後に、仰向けに戻って「10秒」を数えます。

身体を動かす体操によって、剥がれていた「耳石」が元通りに戻っていくようです。あまり身体を動かすことがないので、自宅でも安全に行うことが出来そうです。症状が比較的に軽そうで、無理をしない程度にやってみるのがいいと思います。

なでしこの澤選手

サッカー日本女子代表、なでしこジャパンのMF澤穂希選手が「良性発作性頭位めまい症」を発症したことがあります。

2012年2月、ポルトガルで行われていたアルガルベカップの最中に発症しました。本人は風邪に似た症状が出たと思っていたようですが、原因は不明。その為、大事を取って試合には出場せず。そのため、準決勝のアメリカは辛くも勝ちを得たが、決勝のドイツ戦には敗れました。

病気の治療は自然治癒が一般的で、個人差がありますが、1週間~1か月が通常、長引けば3カ月ほどかかります。私は三度経験しましたが、3か月、3か月、1か月かかりました。早く治る事を願います。

雑学

めまいについて

なんらかの原因で平衡感覚のバランスを保てない状態がめまいです。自分がふらふらしているように感じる、あるいは、相手がふらふらしているように感じる状態です。めまいには、三種類あります。

仮性めまい

めまいになったように感じる、身体の状態をいいます。目まいが原因ではなく、その他に要因があります。それを取り除けば症状は消えます。

平衡失調

からだの平衡がとりにくく、不安定な感じがする状態をいいます。内耳の両側で高度な障害がおこると現れる症状です。

真性めまい

回転感、不動感、上下前後などへ動くように感じるめまいをいいます。「良性発作性頭位めまい症」では、真性めまいの症状が起こります。

耳石

「じせき」と読みます。耳の内耳にある石灰質の石、これが感覚毛に触れることにより平衡感覚を生じる。

悪性頭位めまい症(中枢性頭位)

「良性発作性頭位めまい症」と似ている症状に「悪性頭位めまい症」があります。違いは、「悪性頭位めまい症」がめまいが生じる姿勢にとどまっている限りめまいが続くことです。

頭痛や吐き気おう吐、手足のしびれや物が二重に見えたりなどが現れることもあり、脳幹や小脳など生命維持に欠かせない部位に障害が起こっている可能性もあるので、耳鼻科、脳神経外科など専門機関での受診が必要です。

日常生活での注意点

まずは、どのような姿勢や頭の位置になったときに「良性発作性頭位めまい症」の症状が出るのかを把握しましょう。そして、「良性発作性頭位めまい症」の症状が治まるのはどれぐらいの秒数なのか?も把握しましょう。

「良性発作性頭位めまい症」は、頭の位置を動かさなければ症状がまったく出ません。なので、何か作業するときは、頭の位置を極力動かさないようにすれば、何の問題もありません。ただし、危険な作業、高所での作業や危険物を扱う作業をする場合は、十分注意しましょう。できれば、他人に代わってもらうなどリスクは排除しておくべきです。

症状が重くても長くて1分、短くて10秒ほどで症状が治まる病気です。が、症状が出ている間は、体が正常に機能しない、特にバランス感覚はないに等しい。あまり軽く考えないようにしたいですね。

注意しよう

  • めまいは数秒から十数秒で治まる
  • バランス感覚が少し悪くなる
  • 乗り物に酔いやすくなる

体験談その1

パニック障害で幾晩も眠れない日が続いたある日に気付きました。「あれ、めまいがする」

いつもめまいがするわけではなく、たまにおう吐とも吐き気とも何とも云えぬ不快感とともにめまいが襲ってきました。そのめまいは、十数秒で治まり、治まってみると何事もなかったように正常な状態へ戻ります。

何事か体に異常が訪れていることはわかったのですが、めまいも十数秒で治まるし、治まってみると正常だし・・・さて何かな???と考えましたが、わかるわけもなく。

めまいが始まってから、よくよく考えてみると、頭をある一定の方向へ向けたときにめまいが起こることが分かった。それは、座っている姿勢から横になろうと、頭を横に向けたときにめまいが襲ってくる。それ以外のときにめまいが起こることがなかった。

そんなある日、電車に乗って移動していると、やたらとバランスを崩す自分がいた。これがめまいから来る症状の一種かどうかは未だに謎ですが、あの時確かに、バランス感覚を正常に保てなかった自分がいました。

めまいの症状自体は、十数秒で治まるし特に必要性もないと考えたので、耳鼻科など医療機関で受診することはなかった。

そして、数か月経った頃、いつの間にかめまいは治まっていました。このときのめまいが「良性発作性頭位めまい症」であるとは、理解してなかったですね。原因は、自律神経失調症の一部なのかベッドで寝る姿勢が多かったからか、定かではありません。

体験談その2

海外旅行から帰った日の夕方、微熱が出ました。早めに就寝しましたが、次の日になると、微熱から高熱の39度台へ。普段の平熱が35度台の私的にはかなりの高熱で39度台は初めての経験でした。

海外旅行中には、「細菌性赤痢」を発症したことから、それがまたぶり返してきたのかなど考えました。ただ、旅行中に入院し、投薬治療で完治したはずで、「細菌性赤痢」の再発は考えられず、さて、何事かと?

次の日も高熱は引かず、逆に上昇し大台の40度へ、さすがに観念に医療機関で受診することになり、その足で入院することとなりました。

そんな入院中に気付いのですが、例のめまいが起こっていることを。入院中は点滴を打っていたので、ベッドで横になりっぱなしで寝返りを打つことが多かったので、めまいが何度も起きたのです。

さすがに経験済みのめまいなので、これは以前のめまいが起こっていることを即座に理解しました。そして、何らかの病気であることを悟りました。

入院中にめまいのことを先生に話すと「耳鼻科で受診するか?」というので、見てもらいました。聴力検査をしましたが、異常なし。診察台に座って問診した後、先生の指示に従って頭を急激に動かし診察してもらうと、見事に目が回っていることが見て取れたようです。

そして診断結果は、「良性発作性頭位めまい症」でした。先生の話では、特に治療する必要はなし、めまいは数秒から十数秒で治まる、めまいがなくなるのは早ければ十数日で遅ければ数カ月という事でした。

病名を聞き、病気の内容を知ることができ、ようやく積年の悩みから解放されたように思います。

今回の原因は、高熱のせいで数日間はベッドで横になりっぱなしだった。一般的な原因として、「横になることが多かった後」というのがありましたが、まさに当てはまったようです。

後これは私の寝る姿勢にあると思うのですが、寝るとき、頭を左に向けて寝ます。めまいが起こるのも頭を左に向けたときだけです。何か関係があるのかもしれませんし、治療法に役立つのではないかと考えています。

体験談その3

頭を強打

趣味で波乗りをしています。波乗りで海に入る前には、入念な準備体操をします。その準備体操をしているときにめまいが起こりました。「またやってきたな」という感じです。

波乗りで高知県に来ていました。兵庫県在住の僕にとっても、高知県はちょっとした旅行気分なのでテンションが上がってしまいました。波乗りもテンションが上がりすぎて、少しだけ無茶をしてしまいました。無茶をしてこけてしまい、水面に顔面を思い切り強打しました。

めまいの原因は、その強打にあったように思います。その時は、なんともなかったのですが、一日経って、準備体操をしているとき、横に顔を向けた瞬間にめまいを感じました。

飛行機に注意

今回のめまいが起きてから約3週間が経ちますが、まだ治っておりません。現在、海外旅行中ですが、その間も波乗りをしてますが、めまいが悪化したりはありません。

「良性発作性頭位めまい症」に運動が悪いのではなく、いい方向に向いているように思います。

そしてわかった点があります、やはり平衡感覚は悪くなっている。

飛行機に乗っているときにやたらと気分が悪くなりました。どうやら乱気流や小さな台風があったりで飛行機が通常より揺れることが多かったのですが、そのせいで気分が悪くなりました。

今まで何度も飛行機に乗り、そのたびに飛行機の揺れに遭遇しましたが、気分が悪くなったりした経験がありませんでした。今回に限り気分が悪くなりました。飛行機の揺れが治まると気分もすぐれてきまして、確実に「良性発作性頭位めまい症」は平衡感覚を麻痺させるのだと実感しました。

この病気は、かなり軽い部類に入るとは思いますが、あまり無理をすることなく過ごしたほうがいいようです。

経過

今回の発症では、約一カ月で症状が治まりました。何がよくて症状が治まったかは、毎回の事ですが、謎のままです。

体験談その4

約一週間ぐらい前からあやしいとは思ってたんですが

自宅でくつろぎながら漫画を仰向けで読んでました。寝がえりを打った瞬間、目の前が「グワン」として、フラフラ状態。とともに、吐き気と悪寒がおそってきました。少しすると、両手のしびれも。今まで何度か良性発作性頭位めまい症を経験していますが、今までにはなかった症状です。

良性発作性頭位めまい症があれば、悪性もあるわけで、悪性だと大変に危険らしい。万が一のことを考えて、日曜日だったので急患にかかることにしました。

急患で脳外科医はいなかったのですが、急遽、呼び出していただき、これまた都合よく検査技師がいたおかげで、「MRI」を受ける事が出来ました

それにしても、「MRI」のウルサイ事ウルサイ事、半端ないです。それも約20分間も。まぁ、これもいい経験です。

さて、「MRI」検査の結果ですが、全く異常なし。脳にはまったく異常は見られませんでした。ということで、普通?の「良性発作性頭位めまい症」です。

先生の話では、ちょうど症状が起こった時に、急激に雨が降ったので、気圧が関係してるんじゃないかとの事でした。気圧だけでそんな事が起こるなんて、一般ピープルには理解しがたいですね。

それにしても、今回で四回目の「良性発作性頭位めまい症」。今までになく、症状が重たいようなのです。どれぐらいの期間で治るのか?長引かなけりゃいいのですが、、、

後日談

あれだけ重い症状だったのに、一日寝たらケロッと治りました。なんだったんだ。医者の話では、「急な雨が降って気温が下がると、気圧が急激に変化して目まいの症状がまれに起こる事がある」ということでした。ただ、医者にはこう言われたものの、症状自体は、治る気配が無く、一日をどんよりとした気持ちが過ごしたわけです。ですが、一日寝れば治ったわけで、未だに信じられないです。

医者の話には続きがあり、「また、このような気圧の低下などが起きたときには再発する可能性があるよ」との事でした。起こるかどうかは分かりませんが、嫌なアドバイスでした。

とりあえず、治ってホッとしています。次が無いように神頼みするしかないのでしょうね。

病気の経験談 > 良性発作性頭位めまい症