病気の経験談 > 感染性胃腸炎

経験者が語る!感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎とは?

読んで字のごとく、胃腸がなんらかに感染し炎症を起こす病気の事を云います。では、なんらかとは何でしょうか?それは、細菌やウイルスです。

ウイルス

ウイルスでは、最近猛威を奮っている「ノロウイルス」が有名ですが、「エンテロウイルス」「ロタウイルス」「腸管アデノウイルス」などもあります。

細菌

細菌では、「サルモネラ」「腸炎ビブリオ」「黄色ブドウ球菌」「腸管出血性大腸菌」などがあります。

ノロウイルスとは?

ノロウイルスにも、いくつかの種類があります。そのうちの二つほどが人に悪さをします。

ノロウイルスの厄介なところは、さまざまな困難な要因によって、撃退方法を見つけられていないことです。現時点では見つかっていませんが、今後、判明するすることを願います。

感染経路

生ガキやアサリ、シジミ、生野菜などに付着したノロウイルスからの経口感染が原因とされています。および、ノロウイルスに感染した人からの感染による集団感染に注意が必要です。

予防

こまめな手洗い

特に食事前には念入りに手を洗いましょう。石鹸、手洗いソープなどを使い、爪の中、指と指の間、特に親指と人差し指の間は念入りに行いましょう。手とともに手首周りも忘れずに

食品の管理にも注意。古くなったり賞味期限が過ぎた食べ物は捨てましょう。食中毒が発生しやすい、冬季には出来るだけ生ものは避け、火を通すと予防出来ます。

調理用具にも気をつけましょう。きっちりと洗い、綺麗なふきんで水気を拭いて、清潔に保ちましょう。

胃腸を整えましょう

胃腸が荒れていると、感染性胃腸炎やノロウイルスに侵されやすいです。免疫機能が衰えていると感染しやすいと言えます。胃腸を整えるには、日頃の食生活、生活態度などを改める必要があります。暴食暴飲は避け、規則正しい生活をし、早寝早起きを心がけましょう。適度なアルコールは良いですが、飲み過ぎに注意。また、胃腸にもお休みをし、休肝日を設けます。

食事では、朝にしっかり食べ、昼は適度に、夜は少なめにするように心がけます。また、消化のいい物を取り入れたり、腸内の善玉菌を増やす働きのある、発酵食品やヨーグルトなどを積極的に取り入れましょう。

体調にも気をつけましょう

体力が落ちていると細菌やウイルスに対抗する力が落ちています。そんな時に、生ものなどを摂取すると感染性胃腸炎になる可能性があります。そんな時は生ものではなく火を通したり調理方法を工夫しましょう。

症状

急な下痢、おう吐、腹痛、発熱があります。発熱は38度以上になる事はないとされていますが、ケースバイケースです。管理人の場合はいずれも38度を超えました。

原因

細菌やウイルスが胃腸に付着し増殖することにより悪さを起こすのが原因です。では、どのように胃腸に付着するのか?それは、細菌やウイルスが付着した食べ物の摂取によってです。

細菌

ニワトリ・豚・牛などの食肉につく「サルモネラ菌」

魚介類が原因となる事が多い「腸炎ビブリオ菌」

おもに鶏肉が多い「カンピロバクタ腸炎」

いろいろな食べ物によるとされる「ブドウ球

感染源の特定ははっきりしていませんが、O157(オーイチゴーナナ)として有名な「腸管出血性大腸菌」

最近多い集団感染は、食事を提供する方が感染性胃腸炎を患っていたり、手洗いなどの消毒が不十分な事から手にたまたま付着した細菌やウイルスを食べ物に付着させる事が原因とされています。

検査

検便

採便して目視や顕微鏡によって原因を特定します。管理人の場合は、便の検査で「ノロウイルス」と判断されましたが、後に間違いだった事。大腸カメラで検査したら「腸管がボロボロ」だった事。結局、原因など何も分かりませんでした。

尿

採尿して、尿の中に特異な物質が含まれていないか検査します。もちろん、血液が混じっていないかも調べます。

大腸カメラ

腸の状態を確認する手段としては最も優れた検査方法です。

治療

軽症

、何もしない場合が多いです。

重症

病院に行けば、まずは点滴を行います。そして、さまざまな検査によって病名の診断を行います。そして、投薬治療によって完治を目指します。ただし、ウイルスが原因の場合はお薬がないので対処療法となります。

下痢への対処

下痢が何度も起こりますので、脱水症状を起こす可能性がありますので、点滴を行います。軽症の場合は、スポーツ飲料を飲むだけで問題ありません。

軽症でも重症でも、どちらの場合でも、下痢が起こればスポーツ飲料の摂取は欠かせません。一家に一本、または粉タイプのスポーツ飲料を常備しておきましょう。

抗生物質

細菌性の場合は自然に治る事が多いので抗生物質の使用は避ける傾向があります。ただし、重症や抵抗力の弱い子供やお年寄りの場合は抗生物質を服用します。抗生物質の服用のためには、原因細菌の特定が欠かせません。その為にも、下痢、おう吐、腹痛、発熱などの症状が出れば直ぐに医療機関に行きましょう。

腹痛の薬

腹痛の程度によって、鎮痛薬(ちんつうやく)、鎮痙薬(ちんけいやく)を服用します。

おう吐の薬

制吐薬(せいとやく)を服用します。おう吐は症状として現れのは、子供やお年寄りなど抵抗力の弱い患者の場合が多いようです。

下痢止め薬

是非、止めていただきたいのが、自分で勝手に判断しての下痢止めのお薬の「止痢薬(しりやく)」の服用。常備薬として「正露丸」などあると思いますが、下痢症状が出たとしても、正露丸の服用は避けるようにしましょう。下痢とは、体内にある不要なものを体外に排出するために必要な活動です。下痢が悪い事と捉えられているようですが、とても重要です。なので勝手な止痢薬(しりやく)の服用はおやめ下さい。

感染後の食事

重症の場合は、絶食となります。絶食により体内から食べ物を無くし、細菌、ウイルスの増殖を抑えます。

軽症の場合は、消化のよい食べ物を摂取します。おかゆやうどんなどがお勧めです。刺激のあるもの香辛料などは控えます。アルコール、脂肪の多いものも控えます。

経験談!感染性胃腸炎かノロウイルスか、どっちだ?

ある日、腹痛とともに強烈な下痢が襲いかかってきた。何度も何度もトイレに駆け込んだ。既に出る物も出たので水だけだ。俺の体内が細菌と戦っている証拠だ。なんとか細菌を排出しようと下痢になるのだろう。生体現象とは面白いものだ。なんて今では言えるが、その時はつらい。めちゃくちゃしんどい。トイレに何度も駆け込むと次第に体力が低下してくる。気力もなくなる。本当につらいもんだ。

そして、忘れてならないのが、スポーツ飲料の摂取だ。このまま何も口にしないと確実に「脱水症状」になる。水だけではダメだ。スポーツ飲料が最適。無ければ、水と塩を舐めよう。

家にはスポーツ飲料の粉があったのでお湯で溶かして飲んだおかげで、脱水症状は出なかった

症状が出たのは、夜。既に病院は開いていない。救急車を呼ぶほど切羽詰まっていない。急患で病院を訪れるのもなんだか気が引ける。ということで、一晩様子を見ることにした。

トイレに行く回数は若干減ったが、通常では考えられないペースだ。そして、ついに熱も出てきた。平熱が36度。風を引いても37度代の俺が39度、40度。これはマズイ。 氷枕でなんとか耐えて、朝を迎えた。

病院

病院まで送ってもらい、受け付けへ。その時には、すでに歩けるほどの体力が残っていない。看護師さんが車椅子を持ってきたので、それに座る。

かなりやばい状態だったので、優先的に診察を受ける。一通り検査をして、便の検査で症状が判明した。「ノロウイルス」だ。

病名が判明した途端に看護師さんがあわただしく動き出した。まず、俺が寝ていたベットの布団類をビニール袋に入れてどこかへ持っていった。そして、消毒が行われた。

車椅子に乗せられて別室へ。たまたま知り合いの看護師がいたので事情を説明された。ノロウイルスが他の患者に移ると危険なので隔離。今から入院し、病室は個室。たんたんと説明された。そして、病室へ。

入院

病室に居ると、看護師が段ボール箱とビニールの前掛けをもって登場。そして、俺の両親に「この病室に入る際には、この前掛けをしてください。病室を出る時は、その前掛けをこの段ボール箱の中に捨ててください」完全な隔離だ。更に、「あなたは病室から出ないでください」と念押しされた。本当の隔離だ。

再度、検査をしてみるとどうやら「ノロウイルス」ではないらしい。誤診?それでも、症状は、下痢で腹痛で発熱で、症状はノロウイルスなど感染性胃腸炎だ。

病室で休んでいると、担当のお医者さんが登場。内科の部長が俺の担当だ。知り合いの看護師に聞くと、部長が担当するってほとんど無いのよ」だって。そんなの知りませんが、、、
医者から、「今から大腸カメラ検査をするから」。大腸カメラ検査?あのお尻からカメラを入れる「アレ?」です。そうです。あれです。体力の低下が著しいですが、一つだけ質問しました。「イボ痔がありますが、大丈夫ですか?」笑顔で「大丈夫ですよ。ただ、○○さんの場合は、腸閉塞の手術をしているから痛いかも?」痛い?嫌な言葉が返ってきました。

先生が出ていくと、看護師さんが病室に入ってきて、点滴を打たれました。点滴が体に入ってくる瞬間。「フワッ」っとした感覚。ジェットコースターが下りていく瞬間の「フワッ」とした感覚に似ています。
その感覚とともに体力が戻ってきました。点滴、恐るべし

大腸カメラ

看護師に連れられて検査室に行く。大腸カメラ検査をする時は、検査の数時間前に下剤を飲み、水をカブ飲みして大腸を綺麗にしますが、そんな時間は無く。そのままで検査。
検査台に乗せられて、横向けになり、下半身にシーツが掛けられます。シーツには穴が開いており、そこからお尻をみるわけです。
「力を抜いてください。入れますよ~~~」と同時に、「ヌルッ」としたカメラが体内に侵入してきました。
横向けになった僕の目の前には、カメラのモニターが見えます。カメラは、異様な模様を発見。丸い斑点が大腸の壁に無数に見られます。なんじゃこれ???医師も「何ですかね~~~」。俺が聞きたいわ。
丸い斑点を眺めながら、カメラは奥へ奥へと侵入してきます。その進入がピタッと止まりました。そして先生が「ちょっと痛いかも分かりませんよ」と言いながら、エイッと大腸カメラを奥へと入れようとした時に激痛が走りました。「イタ~~~。チョッチョッチョッ何?」と言うと、先生が「ココ手術跡だからカメラを入れると痛いんだよね」だって。
手術跡、それは、今から10年以上も前に手術をした「腸閉塞」の手術跡。その半年前には、「盲腸」の手術もしました。盲腸の手術の不手際から腸閉塞になり、その手術跡によって、大腸カメラ検査に支障をきたしたようです。
あまりの激痛に検査は、そこで終了。回復してから、再度、大腸カメラ検査を受ける事になりました。

大腸カメラ検査でも、原因は分からずじまい。その後もいろいろと検査をしたが、原因不明。そうこうする内に三日が経ちました。その頃になると、下痢も治まり、熱は下がり、腹痛はほぼなし。体調は、まだまだ悪いですが、一時に比べると格段にいい。

強制退院?

そして、先生から告げられました。「○○君、可能だったら退院してくれるか?」一瞬、自分の耳を疑いましたが、正気を取り戻し、なぜ、先生がそんな事を言ったのかを頭で考えました。

真相は、他の患者への感染です。万が一、他の患者へ感染するような事があれば大問題。それを避けるためには、俺が病院から居なくなるのがベスト。ということで、重い体を引きづりながら退院しました

下痢止め薬

退院後、普通の生活を送れるようになるまでに、約3カ月ほどを要しました。それほど、体力が落ちました。そして、体内がボロボロになりました。特に胃腸が。

退院してから4カ月がたった時に、再度、大腸カメラ検査を受けました。今度は、腸閉塞の手術跡よりも奥へと侵入。今回は、前回に見られた無数の丸い斑点は見つからず。食事療法が効いたのか、摂生が効いたのかかなり綺麗な大腸へと変身。結局、検査をしても何も見つかりませんでした。

まとめ

それにしても、あれだけの重症だったのに、原因が特定できないとは。。。原因が特定できていれば、完治が早かったとは限りませんが、日本の医療をもってしても分からない事ってあるんですね。感染性胃腸炎とひとくくりにするしかない。恐ろしい病気です。気をつけねば。

経験談!腹痛は突然に

タイを旅行中。サーフィンを満喫。あまりにもいい波だったので海に8時間ほども入ってしまった。波乗りの後は、夜中までお酒を飲んで二日酔いになりながら海に入って。そんな生活が三日ほど続きました。

三日目の夜に、レストランで美味しい食事を満喫し、宿に帰って就寝。その日の深夜。腹痛が突然襲ってきました。それとともに大量の冷や汗が。そして寒気も。これは何事か?風邪か?

寒気から逃れようと、靴下や上着など重ね着をして、寒さ対策。そうこうしていたら、やってきました。ゲーリーさんが。急いでトイレへ。もちろん、水です。音でいうと「シャーーー」。トイレの後は重ね着をして布団に入り、暫くするとまた下痢が襲ってくると言う始末。一時間ほど格闘した後に、悟りました。「これは尋常じゃない。今までに経験したことが無い症状だ」とね。宿の主人に話して病院まで連れて行ってもらいました。

病院にて

病院に着いて、一通り検査、血圧や体温、血液検査、検便検査、尿検査などな。そして、点滴を打たれ、即入院の運びとなりました。入院の前に看護師さんと話しました。その時に「昨日は何を食べましたか?」と聞かれたので、朝に○○、昼に○○、夜に○○と答えると、看護師さんが「あ~~~夜に食べた○○が原因ですね」

通訳さん

看護師さんの言う原因の「夜の○○」とは「サーモン」です。昨日の夕食に「サーモンのカルパッチョ」を食べました。どうやらそれが原因のようです。昨日の食べ物を思い出しても、火の通っていないのは、サーモンのカルパッチョだけ。それしか考えられないようです。
ただ、検査をして原因を特定したわけではないので、サーモンが当りなわけではないです。あくまでも看護師さんの予想。というか、通訳さんの予想。

通訳さんとは?海外の有名観光地の病院には、日本語や英語などができる通訳さんが常駐していることがあります。その通訳さんは、普通の通訳さんとは違って医療情報や言葉が理解できる通訳さん。このプーケットには、二つの大きな病院があって、どちらにも通訳さんが常駐しています。このときは、海外旅行保険に入っていましたので、そこからの紹介でこの病院へ。すると、通訳さんが居られました。

入院

入院中は当初、絶食でした。点滴だけで栄養を摂取します。そして、体外に細菌を排出させて、体力が回復してきたら、三分がゆ、五分がゆ、と段階を踏み、普通食へと戻ります。その辺りは、海外でも日本でも同じようです。
そして、トイレごとに検便検査と尿検査を行います。
感染性胃腸炎の治療としては、抗生物質入り点滴を投与しました。常時ではなく、定期的に、症状を見ながらの投与です。腹痛があれば、細菌が体内にいることになりますので、抗生物質投与となります。
薬の種類は忘れましたが、数種類の薬を飲みました。さらに、スポーツ飲料も飲むように指示されました。これはトイレに行くたびごとに飲みます。

入院期間は三日間。全快ではないけど、体調はほぼ元通り。ただ、体力は五分ほどしか戻ってません。
退院後は、食べ物に気を付けました。
刺激物はさけます。アルコールも飲みません。食べ物は、おかゆとスープのみ。体力を使う運動などはせず、散歩程度にとどめました。こんな生活を約一週間ほど続けて、ようやく全快。
そこからはサーフィンを満喫といきたかったんですが、、、

看護師の話

抵抗力が弱っている時は、感染性胃腸炎にかかりやすいから注意する事。直射日光を浴びていると体力と抵抗力が、自分では自覚できないほど落ちるようです。

後日談

ようやく体力も元通りになったので、感染性胃腸炎になる前のようにサーフィンを満喫。そして、美味しい食事を楽しみました。
サーモンのカルパッチョは避けましたが、サーモンのお寿司を食べたのが、運のつき。
次の日の朝、強烈な腹痛とともに、目覚め、トイレへ一直線。強烈な下痢でした。またまた悪夢がやってきました。
また、宿の主人に頼んで車で病院へ連れて行ってもらいました。車の中で異変が、、、手足が硬直して言うことを効かない。今まで経験したことがない症状が出てきました。口も上手く動かない。なんだこれは~~~
看護師に云うと「脱水症状ですね。すぐに点滴を打ちます。」
ただ、この点滴の針が、まぁ~~~痛い、痛い、まじで痛い。。。どうやら、脱水症状で血管が細くなって、そこへ針を入れようとするからだそうだ。。。なんとも悲劇~~~
結局、またまた三日間ほど入院となりました。
看護師さんから一言。「もう、サーモンは食べないように。」

経験談!玉子焼きではなくて焼き卵

タイを旅行中の出来事です。おじさんが向こうから歩いてくる、肩には棒を担いで、その先端から何かを吊るしている。江戸時代の豆腐屋???風な行商とでもいうのだろうか、そんな格好だ。
小腹がすいていたので呼び止める。籠には玉子、するめいか、その他もろもろ、、、七輪が載っている。どうやら、七輪で焼いてくれるようだ。
時間はまだ夕方、するめを食べる時間でも無かったので玉子を選択。おじさんが七輪で焼き始めた。五分ぐらいで出来あがり、玉子焼きではなく焼き卵と小袋に入ったタレをくれた。会計は7バーツ、約20円だ。
焼き卵の殻を剥いて、タレをつけていただく。なかなか行ける味だ。タレはナンプラーだろうか、焼き卵との相性抜群だ。タイの庶民の味を堪能し大満足。

さて、問題はその日の夜中に起きた。
突然の腹痛で目が覚めた。額からは冷や汗がたらりたらり、背中は寝汗でびっしょり、、、と時を同じくして、下痢が襲ってきた。
急いでトイレへ駆け込み、用を足すと、まさに水だ。洪水のように水が出てくる。
前回の教訓を生かし、部屋にはスポーツ飲料を常備していたので、脱水症状が出る前にスポーツ飲料を体内へ注入。
スポーツ飲料を飲んだからと行って症状が改善するわけは無く、少ししてはトイレに行ってスポーツ飲料を飲んで、トイレに行ってスポーツ飲料を飲んでの繰り返し、、、下痢との何度目かの格闘の後、ようやく眠る事が出来た。
朝の目覚めはトイレに行く合図。もちろん、水しか出ない。色はそろそろ透明感が出てくるような、、、それぐらいトイレに行った。朝の時点では、まだまだ腹痛は治らない。ただ、我慢できない状態ではない。部屋で安静にしていれば、治るだろうぐらいの状態。ただ、今日一日は何もできない。部屋で「ぼ~~~っと」するだけ。違うな、「ぼ~~~っと」と「トイレ」と「スポーツ飲料」だな。
その日の食事は、おかゆとスープを取りました。点滴を打たずに絶食はさすがにまずいと思ったのでね。食事制限のおかげで一日目の夜には、かなり腹痛も治まり、下痢の回数も減りました。
二日目の食事もおかゆとスープを取り、胃腸に優しい食べ物となりました。だけど、まだ腹痛は治らず。ただし下痢はかなり改善しました。
三日目でようやく症状が改善してきたので、食事も通常食+スープ。ただし、量は少なめにしました。この頃には、ほぼ腹痛も完治し、外出しても問題なし。
結局、食事治療で完治することが出来ました。ただ、完治までに約一週間かかりました。病院で抗生物質を処方してもらうのがベストなのか、後々の事を考えて、自宅治療がいいのか???難しい判断です。

売店の薬で一発で治った

タイでの旅行中の話。その日は、朝から調子が悪かった。朝に調子が悪いのは、いつもの飲み過ぎが原因ですが、その日はそれとは違って、下痢が何回も。こりゃ、またまたやられたかな?

でも、原因が思い当たらない。ただ、下痢は三回ほどで、完全な水でも無かったので一安心。昼は、お腹に優しそうなこっちのラーメンをお持ち帰り。部屋でラーメンを食う。トイレタイムは訪れない。 なんとなく体調の悪いまま、夜飯タイム。お勧めの「イカのパスタ」を頂く。食事中。若干の冷や汗とともに便意が催してきた。これは、もしかして?トイレに駆け込むが、それ一回でなんとか耐えた。

早々に部屋に戻って、早めに就寝。しましたが、夜中に何度もトイレタイムが訪れる。完全な水では無かったので、トイレの度にスポーツ飲料で水分と栄養分を補給。朝を迎える。

朝起きると、トイレタイム。それも、何度も何度も。肛門が「勘弁してくれ」というぐらいに何度も何度もトイレタイムが訪れる。体力を消耗しすぎたので何か口に入れないとね。そんな時には、コンビニのパンに限る。ただ、食べるとトイレタイム。これ定番。

なんとか治まったのでサーフィンへ。波乗りから帰ってくると、トイレタイム。これは一度だけ。食事は、お腹に優しい「おかゆ」だ。タイでは「カオトム」と言う。知り合いのレストランで「カオトム」と言うと、「またか?飲み過ぎか?」と笑いながら言われる。苦笑いするしかない。

熱いおかゆをフーフーしながら食しているかなり身体が休まる。ただ、やっぱり食事をすると、トイレタイム。これは定番だ。

夜飯をレストランではなくお持ち帰りで食す。レストランで食事中にトイレタイムが始まると、いろいろと不都合が起きるから。今日の夜飯は、「カツ丼」だ。いろんなものに勝ってやるぜ。その意気が通じたのか?トイレタイムは来なかった。それをいいことにビールタイム。今日は二本だけにしておこう。そして早めの就寝。

ビールがいけなかったのか?朝起きると、トイレタイム。数回で治まる。ビールを飲んだ割には、数回で治まる。そろそろ治りかけか?でも、まだまだ油断はできない。いつ何時、爆発的にぶり返すか分からない。それが、感染性胃腸炎の怖さ。身にしみて知っている。経験者だから語れる強さだ!

タイのお薬

少しすると落ち着いたので、波乗りに出かける。その後に昼飯へ。今日の昼飯は「パッガパオガイ」。知り合いと話していると、「薬を飲んだほうがいいよ」と言われた。「薬局で買うの?」「そこの売店で売ってるよ」。と指差したのは、知り合いのおうちの隣の売店。たまにビールを買うお店だ。一緒に売店まで行って薬を買う。

その薬を飲むと、一発で治った。後で調べてみると、なかなか強烈な薬。副作用が半端なさそう。日本だと絶対にこんな強烈な薬は処方しない。半分ぐらいの成分しか入ってないだろうな。治ったからなんでもいいんだけどね。

COCCILA

感染性胃腸炎の時に売店で買った薬。COCCILA

タイの売店で普通に売っている感染性胃腸炎のお薬「COCCILA」。成分はかなり強烈です。20バーツ、約70円なり。。。4粒入ってて、最初に2粒、効かなかったら、その後、4~6時間後に1粒、更に1粒という感じで飲みます。よっぽどひどい症状でなければ、2粒で十分効くようです。

まとめ

郷に入れば郷に従う。この言葉は不変だ。どこの世界でも通じるらしい。タイに行けば、タイのお薬を飲めば間違いない。海外のお薬は強すぎる、とは、よく聞く言葉だけど。確かに効きすぎる感じはするが、効かないよりはマシだ。そのうえで、よく知っている人に相談すればいいだろう。相談出来る人がいないのだったら、そこに住んでいる人に聞くしかしょうがない。タイでお腹の調子がおかしくなったら、売店などどこにでも売っている「COCCILAをお勧めします。

病気の経験談 > 感染性胃腸炎